※再掲記事です
155: 彼氏いない歴774年 2009/10/19 22:38:31 ID:/7KM1HKl
深夜に田舎の父が危篤になった。
新幹線も飛行機ももう無いし、車も免許もなければタクシーに長距離乗る金もない。
パニクってその時ちょうどミスドの新作超うめえなとかメールしてた友人(女)に
「父ちゃん危篤だってどうしよう」と送信した。
友人はうちの親なんて全く面識ないし
送信してからこんなこと伝えてどうするんだと後悔した。
でも友人は当然のように車を出してくれた。
当然そんなつもりでメールしたわけじゃなかったので
「いいよそんなの」「厚かましすぎるよ」みたいなこと何度も言ったけど
「たった一人のお父さんだろ!そんなの気にしてる場合か!」と怒られた。
もう私は車内でずっと泣きっぱなし。
友人は給油以外ノンストップで何時間も高速爆走してくれた。
病院に着くと母や妹が驚いて「お父さん○○が来たよ!寝ててどうすんの!」と
泣きながら叫んでた。私もわあわあ泣きながら父を呼んだ。
数時間後、父は奇跡的に一命を取り留めた。
やっと落ち着いて友人の元へ行くと車の中で爆睡してた。その姿見てまた泣いた。
そんな友人が26にして初めて彼氏ができた。
友人は父親の女関係でひどい目にあってから
ヒキ気味になって恋愛嫌悪してただけで喪なわけではなかった。
でも何で急に彼氏作る気になったのか聞いたら
私を田舎に連れて行ってくれた時に見た私の家族のおかげで
「家族っていいものなんだな」と思えるようになったと言われた。
また号泣した。真昼間のファミレスで。友人も他の客もドン引き。
私はあいかわらず喪だけど、あの時のことを思い出すと幸せになれる。
友人が結婚することになったので書き込んでみた。

156: 彼氏いない歴774年 2009/10/20 13:31:09 ID:6c3TIghp
>>155
泣いた。
お父様ご無事で良かったね。
しかしカッコイイ友人さんだなーおめでとうございます。
155にも幸あれ!

159: 彼氏いない歴774年 2009/10/22 01:39:05 ID:axoPhoz8
>>155
( ;∀;) イイハナシダナー
そんな素敵な友達が居るなんてうらやまー

幸せだった記憶そんなにないけど
普段そっけない飼い犬が、私が昼寝していると寄って来て
一緒に添い寝してくれたことかなあ
なんだかんだで懐いてくれてるんだと思って嬉しかったよ
今はもう天国だけど、可愛い寝顔をよく思い出す


引用元:kohada.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1253664262/