引用元:あなたの心がなごむとき~もーじょこさん!出張所
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20204/1394444817/
※この記事は当サイトに直接投稿された物です。




関連記事:
姉が床を拭いている姉旦那を見下ろしながら”ガミガミ”罵倒している、というサイレント・モーションをしていた。
姉が皮むき器(100円ショップで購入可の安いピーラー)を片手に、その手を高々と上げていた。
グーグー寝てる姉のベットの横で、命名辞典片手に背中を丸めてブツブツ言っている姉旦那
私の部屋の真下で父が仁王立ち。そしてニマニマと笑いながら何かに向かって指を指している。

134: なーなしさん! 2014/07/29(火) 09:39:24 ID:
皆様おはようございます。
サイレントモーションな姉を持つ妹喪女です。
前回父が育てているゴーヤについて書かせて頂いたと思うのですが、そのゴーヤ太郎君が旅立ったそうです。

6月下旬に花をつけたゴーヤ太郎は約一月かけてスクスクと成長。父はせっせと世話をしていたそうです。
そしてもうそろそろで長男達(父曰く)が出荷出来るという先日日曜日の事、庭先で話し声が・・・。
母が庭に出てみると、外国人さん達と柵越しに話す父の姿。外国人さん達は麦わら帽子をかぶって見た事の無い植物を育てている父に「それはなんと言うベジタブルですか?」と話しかけたそう。

ウチの父は英語が達者&以前から『英語を話す機会が無いから、もうずいぶん忘れたなぁ』と言っていた人なので、ゴーヤ太郎に興味を持ってくれた!英語圏の人だ!!と嬉しくなったらしく、ニコニコにとゴーヤ太郎の話をしていたそう。
話は盛り上がり、嬉しくなった父は「ちょっと苦いけどきっと美味しいから食べてみてくれ!!」とその時大きくなっていたゴーヤ長男達を全てあげてしまったらしい。
母は全部あげてしまって良いの?と聞いたそうだが、父はどうやったら美味しく料理出来るかまで説明し、外国人夫婦もオォ~イイデスカ!?と喜んで受け取っていったそう。
そしてその後、浮かれて育っていたゴーヤを全てあげてしまった父はゴーヤ太郎(本体)の前で、

『今はグローバルに羽ばたいていく時代なんだ「大志を抱け!」だ。』とちょっとしんみりしていたらしい。

まだ花も咲いているし、第二陣(次男達)も育ち始めている、という事で心配ないと思うがちょっと笑ってしまった。
前回の話をまとめて頂き、※欄にゴーヤ太郎のその後を想像して書かれていたモノがあったので、一応ご報告までに。
次回は食卓の上がった時の父の様子を報告出来たらと思います(笑)