引用元:あなたの心がなごむとき~もーじょこさん!出張所
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20204/1394444817/
※この記事は当サイトに直接投稿された物です。


148: なーなしさん! 2014/08/08(金) 14:34:40 ID:
今日の更新を見てカキコ
大学一年のころ、猫を拾った
拾ったというか、親に置いていかれたらしく私の部屋の出窓の下で小さく鳴いてたのを見つけて母と保護した
汚くて目も開いてない手のひらサイズがぐったりしててちょっと焦ったがその下りは省く
元気になった子猫はまあ、つまりは元気なわけです、ええ
どこにでもいくし、どこにでも入りたがる

で、私は初めての子猫と生活でどきわくしつつも大学に通ってた
ある日、大学にいく準備をして家を出る前にトイレに行った
時間がギリギリで帰ってきたらすぐリュックサックを背負って出掛けた

家の鍵を閉めて、歩いて2分の駅へ
駅の階段を登ったあたりで気がつく

・・・・・・モコつく
・・・・・・・・・すごいモコつく!

鞄をそっとはずすして良く見ると鞄のチャックが少し空いている
押さえる何か拳大の何かが

その場で開けるわけにもいかず、家に帰って開けると元気の良い

149: なーなしさん! 2014/08/08(金) 14:45:32 ID:
Orz 途中で書き込んでしまいました

元気の良いヤツの姿が

鳴けよ!(*`Д´)ノ!!!とかそのたぐいのことを小一時間問い詰めたいところでしたが、そんな時間はなく、もう一度鞄の中に住もうとするヤツをベッドの上に転がして家を出ました

講義には遅刻しました
布の筆記用具入れが毛だらけで授業中もヤツめ!と……ι(`ロ´)ノ