引用元:チラシの裏
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20204/1394146826/
※この記事は当サイトに直接投稿された物です。


684: なーなしさん! 2014/08/11(月) 13:27:07 ID:
数年前なんだかんだあって家族仲が微妙だった時期があった。
決定的に仲たがいしたわけではなく、夕食の会話が無かったりお互いにピリピリして険悪な雰囲気だった。

そのころ、私は家族間のストレス、受験へのストレスとプレッシャーで体を壊していた。
ベットから起き上がれないほど体調が悪く、布団の中で寝ていたら母が何かを持ってきて枕元に置いた。
子犬だった。
当時は犬が怖くて怖くてしょうがなかったのに、その生後2月弱のトイプードルは私の犬ということになった。

当然、初めは世話なんかできなかった。同じ部屋にも入れなかった。家族全員が犬の飼育経験が無かったのでドタバタしながら世話やしつけをした。
そのころから、犬の世話の話題で家族の会話が増え始めた。
子犬に慣れてモフるようになると、私の体調も少し良くなりなんとか危ないといわれていた志望校にも合格した。

大学での勉強は忙しく、成績もよくない。国家試験にも合格しなくてはいけない。
相変わらず体調は悪くてふらふらだけど、犬がいるから頑張れる。