引用元:じいちゃんばあちゃんとの思い出wwwwwwwww
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1411803095/



17: 名無しさん@おーぷん 2014/09/27(土)17:09:52 ID:MM9nDpyUB
ばあちゃんがガンで死んだのは3年前だった。
寒い寒い冬だったな。

俺が結婚するまで死ねないって言ってたよね。
俺はばあちゃんが死んだ2年後に結婚した。
もうちょっと早く結婚できてたらなぁ。

ばあちゃん家は、田舎にあって、
田んぼしかなかった。
死ぬ前に病室で寝込むばあちゃんを見舞いにいって二人で話した。
二人きりで話すなんて何年ぶりだったかな。
ガキの頃はよくお祭りとか連れてってくれたよね。
で、病室でばあちゃんが俺にこんなこといってたんだ。
「おらの村にもな、近い将来、食料も本も野菜も、お菓子も飲み物もお酒も
なんでも売ってる
大きな大きなスーパーが出来るんだ。
そんなもんが出来たら、田舎の小さな店は潰れちゃうけど、
ついにそんな時代がきたんだなぁ。おら、それみてみてえ」って。
俺は「たしかに、何か工事してたよね。多分、半年後とかに出来るんじゃないかな。
大丈夫、頑張って生きようよ!手術も成功するって」って俺は言った。

でも、ばあちゃんはそれから一ヶ月も持たずに死んじゃった。
すげえ泣いた。

ばあちゃんが死んでから、ふと、あの時の会話を思い出したんだ。
ちょうど夏だったし、ドライブついでに墓参りして、
あのばあちゃんが見たがってたものを見にいってやろうと思った。

普通にセブンイレブンだった。
でっかい駐車場を備えたセブンイレブンだった。

たしかになんでも売ってたよ、ばあちゃん
今は道路挟んで、ファミマも出来てるよ。

18: 名無しさん@おーぷん 2014/09/27(土)17:21:23 ID:MM9nDpyUB
俺が物心ついた時には、
じいちゃんはすでに高齢だったね。

だから、ばあちゃん程の思い出はない。
でも、じいちゃんがやさしかったことだけは
しっかりと覚えているよ。

俺の誕生日に、
俺はファミコンのソフトで、ドラゴンボール(強襲サイヤ人)がほしいって言ったら、
ドラクエ3買ってきてくれたよね。

俺は小学3年くらいにガキでさ、
リセットボタン押してから電源を切るってのがよくわからなくてさ、
いつも二つ目の城のロマリア、だったかな、
そこでセーブが消えちゃってたね。

ついカッなって、じいちゃんの目の前で
「これ!ドラゴンボールじゃないじゃん!」って、
床にゲームカセット投げつけちゃって
本当にごめんなさい。

結局、ドラクエ3が神ゲーだって気づいたのは
数年あとのことで、ちゃんとクリアしたよ。
そのドラクエ3はいまでも持ってるよ。