引用元:今までにあった修羅場を語れ【その6】
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1414581058/



272: 名無しさん@おーぷん 2014/11/12(水)14:55:27 ID:BgXak24IT
犬の散歩中、茂みからニャーニャーニャーニャーと子猫の泣き声が。
見ると手のひらサイズの子汚い子猫が。
うーん、かわいい。親の姿もないし、捨て猫か野良猫か…
連れて帰ろうと思ったけど、ちょっと手の届きにくいところにいるので
犬に「捕まえて来てよー」と言って振り返ったら、犬、尻尾をお腹側に巻き込んで
プルプルしてた…。
思わず「オイ」って言っちゃったよ。
結局自力で捕獲して連れて帰り、シャンプーして動物用ミルクあげて
犬のベッドに入れたら犬は魂の抜けた顔でぐったりと猫になつかれていた。
あれから3年、相変わらず猫は犬のベッドで仲良く寝ている。
最初は緊張してフルフルしていた犬も1週間で慣れたようで、
献身的に猫の世話を始めた。

猫は普通の雑種のミケ(4㌔)です。
犬はボルゾイです。
ボルゾイって、別名ウルフハウンド、つまりオオカミ狩りの犬で、体重は40㌔あります。
なのに、どうしてそんなにヘタレなんだ。

以上、たぶん我が家の愛犬くんの犬生最大の修羅場話でした。

先日、猫が感謝の心を捕獲した死にかかりの鼠のプレゼントを三日連続でしたため、
庭に出られなくなった犬が2週間ぶりに庭に出られたので記念カキコ。
ちなみに猫は戦利品を全て犬に献上します。

273: 名無しさん@おーぷん 2014/11/12(水)15:09:02 ID:nyM0u7aEj
>>272
いいなー動物家族うらやましいw

しかし、「犬に捕まえてきてよ」の時点で
子猫の首根っこガブリという修羅場かと思って
ビクビクしながら読んじゃったよ

279: 名無しさん@おーぷん 2014/11/12(水)23:06:40 ID:3nZA8vstI
>>272
近所のボルゾイも構おうすると飼い主のおじさんの股間に隠れるわ
顔しか隠れてないけど

280: 名無しさん@おーぷん 2014/11/12(水)23:28:17 ID:nyM0u7aEj
>>279
かわゆい!