引用元:何を書いても構いませんので@ほのぼの絵にっき
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20204/1406891432/
※当サイトの掲示板です


575: なーなしさん! 2014/12/11(木) 12:39:16 ID:
なごなごしている中で申し訳ないです。
営業の仕事をして5年。
最近ますます人と話すのが辛くなってきた。
訪問が終わると、気が緩んでそこで辛さを感じる。
緊張していたことにやっと気づく。
ほかの部署にトライしたい仕事がある。
異動希望はずっと出しているが叶わない。
異動はタイミングということは頭ではわかる。難しいということも。
他部門プロジェクトのようなものに参加し、
トライしてみたい仕事には少し参加させてもらっている。
はじめは楽しさ、やりがい、
望みの仕事に近づいた希望があった。
今はなかなか異動は難しい、その現実だけだ。

もう頑張れない。
営業の仕事をずっとやるなんて考えたくもない。

これからの人生、仕事ではないいろいろなことで、
また毎日悩んだり心配したりすることを思うと、
生きていくことに絶望する。
時折自分が死ぬことの妄想をして、現実逃避している。

それでも現実には死ねない。
お腹も空くし、眠くもなる。
寝ることは好きでない。
寝ると、明日がきてしまう。
またつらい1日のはじまりだ。
それでも寝るのだ。

576: なーなしさん! 2014/12/11(木) 15:55:33 ID:
>>575さん
仕事と、先を見据えての事を両方やってるってすごいと思う。
気のきいたセリフが思いつかないけど、とりあえず鉄也さんが慰めてくれるはず。


中学の時の部活が大嫌いで、早く終われって毎日布団の中でお祈りしてた。
なのに全国大会まで行ってしまった、みんな嬉し泣きしてる中で絶望した。

まあ、全国大会は結局一回戦で負けたけどね、みんな号泣してるなか一人だけ嬉し泣きしてた。
やっと解放されるって。
レギュラーでもないし、三年間も一緒だったのにチームメイトも好きになれなかった。

全部終わった後、反省会で顧問が全員に一言くれたんだけど、
「下手だったけど、いつも一番先に練習場所に来てて、ひたむきさに頭が下がる思いだった」
なんて言われてすごく心に刺さった、ずっと不純な動機でやってたのにね。

ああ結局言いたい事が纏まらない…
見てないようで見てる人はいるし、辛い時間もいつかは終わるよとしか言えなくてごめん。
疲れてる時はビタミンC補給して下さい、みかんも柿も美味しい季節ですよ。

2-4-3

関連記事:

辛い日常を生きる為のちょっとしたアイデア@ほのぼの絵にっき出張所  まとめ