引用元:◇ 心霊ちょっといい話 in ほのぼの絵にっき ◇
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20204/1415671005/
※当サイトの掲示板です


7-11-1
31: なーなしさん! 2015/05/06(水) 18:47:05 ID:
昨年、祖父を亡くした。
本当に突然で、今でも、もっと帰れば良かったとか、色んなところ一緒に行けば良かったとか、後悔ばかりだけど、この一年の間で一度だけ夢に出て来てくれた。
夢の中で私は祖父母の家の序の口を歩いてるんだけど、フワフワした感じで「夢見てるんだな」って解る様な不思議な感覚だった。それで、序の口の入口の方に目を向けたら、祖父が歩いてるのが見えた。私のことには気付いてなさそうだったから、きっと私はあの世に紛れ込んだんだって思った。祖父はカメラを持って出掛けようとしてたのか帰って来たところなのか、表情は上手く見えなかったけど、でも、あっちでもアクティブにしてるんだなぁーってぼんやりと思って目が覚めた。いざ起きて夢を見たって思い出したら吃驚して母親になにか変わったことはないか連絡した。何もなかったから良かったけど。

今年、一回忌で従妹と会ったとき彼女も夢で何度も見たと言っていたし、また別の従妹も祖父が庭にいるのを見たと言っていた。息子に当たる叔父は腕を引っ張られたと言っていたから、やっぱり大分あっちでもアクティブな様子。

法事のときには、和尚さんが「『極楽は綺麗だけど、退屈だから地獄巡りしてきた。鬼も一緒に酒呑むと良い奴ばかりだ』と言ってますよ」みたいなことを言ってたので、自分があの世に逝くときは色々覚悟しないとなぁって、そしたら今度こそ行きたいところ沢山付き合うよ。お土産話持って逝くから待っててよと思った。
曾孫は従妹がしてくれると思うから勘弁ね(笑)