引用元:うっかり萌えた父親のエピソード
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1396502516/


35: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)00:55:07 ID:6ER
この時期になるといつも思い出すことがある。

昔、ある夏の夜、当時単身赴任していた父から電話があった。
電話自体はよくあることなんだけど、その時は電話に出た母の様子が何かおかしい。
どうしたのかと聞くと「お父さん…泣いてる…」
50すぎたおっさんが泣いて電話してくるって一体何事か
私と妹もあわてて「もしもし?!お父さん?!どうしたの?!何があったの?!」と3人で詰め寄った。

そしたら受話器の向こうの父親が鼻すすりながら
「…グスッ……火垂るの墓……ズズッ……見ちゃった……グスッ」
テレビでやってたのをうっかり見てしまって、一人で泣いてるのに耐えきれなくなって電話してきたらしい
母も半ば呆れながら「確かにあれは可哀想すぎてダメ」と、うちでは火垂るの墓は見てはいけないことになった

今日たまたま実家に来ててふと魔が差した
「知ってる?今日火垂るのはk」「やめて!思い出させないで!!!」「知ってる!わかってるから!!言うなぁ!!」還暦夫婦の叫び
夏の思い出がひとつ増えた