引用元:◇ 心霊ちょっといい話 in ほのぼの絵にっき ◇
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20204/1415671005/
※当サイトの掲示板です


2021-8-1-1


※再掲記事です
41: なーなしさん! 2015/07/30(木) 22:39:11 ID:
学生やってた時の事。
当時通ってた大学で、学徒出陣についての小規模な展示をやってた。
うちの大学から戦場へ行って、そのまま帰らなかった人たちの遺品とか遺族の方の手記なんかが展示されてて、悲しいやら腹立たしいやら、な気持ちで見終わった。

それから数日たって、本人曰く「ちょっとだけ勘が鋭い」知り合いのお姉さんと、ご飯を食べに行った。
個室の居酒屋でご飯食べながら、お姉さんが突然
「ひとつ聞きたいんだけど、最近戦時中の何かを見たり聞いたりしなかった?」
と。

学内の例の展示を見に行ったなんて一言も話してないし、お姉さんは大学関係者でもないから展示のことすら知らないはず。
びっくりしながら学内展示のことを話すと、お姉さんは苦笑いしながら言った。
「君の後ろに、将校さんらしい青白い顔の男の人が見える。悪意のある人ではないんだけど、大学生活が懐かしくて、ずっとくっついて授業にも出てたみたいだよ」

私は幽霊相手にひとりオープンキャンパスしてたらしい。
ついでに、私は文学部生だったんだけど、その軍人さんは本当は経済学を勉強したかったようだとも言われた。
授業で展示を見るよう呼びかけていた教授が、
「動員された人たちの中には経済学部の一、二年生が多くいた」
と言っていたことを思い出して、少しぞわっとした。