引用元:モージョ・コゥ女王陛下のケィジ・バーン城の集い
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20204/1394216557/
当サイトの掲示板です(本家は喪女限定です)


261: なーなしさん! 2015/07/04(土) 21:55:08 ID:
喪姉様方、ご機嫌よろしゅう

ハッカ・アブーラは、乙女の柔肌には刺激が強すぎる香水・・・
使う際には最新の注意を払ってくださいませね

わたくしの兄様の話なんですけども、昨年の夏にわたくしがハッカ・ブ・ローを楽しんでおりましたら
別宅に住まう私の兄様がそれを母上から聞いたそうで
身勝手にもわたくしのハッカ・アーブラの香水をビンごと持って帰ってしまいましたの

兄様はバスタイムにハッカ・アーブラを使おうとしたのですけど、アーブラが少しこぼれてしまって
・・・その・・・兄上の大切な宝物に、アーブラがかかってしまったそうですわ
それも、フタのあけ方を間違えてしまわれたそうで、15mlのビンの中身のほとんどが
兄上の宝物へ・・・

兄上はあまりに刺激的なアーブラの呪いでタップを舞った挙句に、タイルでアタ・マ・ゴチーンしてしまったそうで
義姉様がキューキュー・シャを召還する羽目になったそうですわ

この伝説は未だに我が家で語り継がれておりますの
皆様方も、どうぞお気をつけて・・・

262: なーなしさん! 2015/07/05(日) 04:33:30 ID:
>>261喪姉様のお兄様、災難でございましたわね。
ですが私にも似たような体験がございますわ。

私、社会貢献の一環としてソトマ・ワリエ・イギョーなるボランティアをやっておりますの。
ある年の夏のボランティアの最中、馬車の窓を開けていていたところ
モスキートン伯爵にお腹まわりに接吻をされてしまって…
あぁ、はしたのうございますわね。
慌てて常備しておりましたムヒ・ド・エッキタイの妙薬を塗り一安心しておりましたの。
ところがほどなくして馬車内の暑さから汗が流れて参りました。
その汗でムヒ・ド・エッキタイが私の脚の付け根へと…

馬車が動いていなかった事だけが不幸中の幸いでした。
あぁ、あの阿鼻叫喚…思い出したくもございませんわ。
皆様も妙薬を塗る際にはお気をつけあそばせ…。