引用元:あなたの心がなごむとき~もーじょこさん!出張所
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20204/1394444817/
※この記事は当サイトに直接投稿された物です。



関連記事:
姉が床を拭いている姉旦那を見下ろしながら”ガミガミ”罵倒している、というサイレント・モーションをしていた。
姉が皮むき器(100円ショップで購入可の安いピーラー)を片手に、その手を高々と上げていた。
グーグー寝てる姉のベットの横で、命名辞典片手に背中を丸めてブツブツ言っている姉旦那
私の部屋の真下で父が仁王立ち。そしてニマニマと笑いながら何かに向かって指を指している。
父『今はグローバルに羽ばたいていく時代なんだ「大志を抱け!」だ。』

644: なーなしさん! 2016/01/09(土) 03:21:50 ID:
こんにちわ。
お久しぶりです、サイレントモーション(略)妹女です。

しばらくご無沙汰でしたが、お元気でしたでしょうか?
上記を見て気がついた方もいるかもしれませんが、私、とうとう「喪」を卒業しました。
その話は置いておいて、今回は久しぶりに見た日常の一コマを書き込みに参りました。

皆さま「痛風」という病をご存知でしょうか?
主に男性に多い病だそうで、成人病の一種だとか。血液中に尿酸が溜まり、足の指から始まり、酷い時は全身の関節が腫れ、悪化すると腎不全にまでなるとか。

先日久しぶりに実家に帰った折、姉旦那がグッタリした様子でソファーに座っている。
母に聞いた所、その痛風で立つ事も歩く事もままならないとか。でも座っているんだから(今は)痛くないんでしょう?と聞いた所、「1人走り」を始めた甥に頻繁に突進されるそう。しかも痛風の症状が出ている左足にだけ。狙ってくるらしい(姉旦那談)

甥「おとー(お父さん)」(タタタッ)

姉旦「ちょちょちょちょっと待って!…ぎゃーーーー!!」

姉「さーてお風呂入ろうね~」

甥「やー」(タタタッ)

姉旦那「ちょちょちょちょっとこっち来ない…ぎゃーーーー!!」


楽しい帰京でした(爆笑

651: なーなしさん! 2016/01/28(木) 10:11:42 ID:
>>644
喪が取れましたか!おめでとうございます!kwskしたいところですが(笑)
相変わらず楽しいお姉さん一家ですねd(>ω<。)続報聞けて嬉しかったです!
にしても痛風は痛々しいですね、お義兄さんお大事になさってください。





6/26追記
673: なーなしさん! 2016/03/05(土) 19:15:15 ID:
こんにちわ。
サイレントモーションの姉を持つ妹女です。

先日は小話を記事にしていただき、ありがとうございます。
皆様にご心配をかける内容だったことを反省し、少し前後の話を説明として投稿させて頂きますね。
初めに、姉旦那の痛風は食事療法と投薬で1週間ほどで完治いたしました。
ご心配かけてしまいすみません。m(_ _)m

しかしながら、家族が(女陣が)あまり同情的ではなかったのは確かです。それはなぜかというと、姉旦那さんは以前から健康診断で「尿酸値が高い」と注意を受けており、高血圧、糖尿病等の成人病の恐れもあるのでお医者様から注意と対策を説明されていたのです。

姉を始め実母や義母も食事に気を使い、姉旦那さんは実父と義父と共に夜間のウォーキング+ちょっとランニングに励んでおりました。事実姉旦那さんのFBには「○日目~1.7kg減!順調!!」と書いてあったので応援していたのですが、いつぞやから「○○軒の背脂チャーシュー麺は逸品!」「天ぷらには柚子塩!」という記事がチラホラと……。
私の旦那様(姉旦那の元会社同期(FB繋がり有り)が「あれ?食レポに変わってる?」との言葉で発覚。
どうもウォーキングの途中で男陣はウォーキング慰労会(?)を毎夜のごとく開いていたらしく、気づいた時は時すでに遅し…痛風を患っていらっしゃいました。

一番お怒りになられたのが私の実母と義母様でして、「諌めなければならない側の人間(実父と義父)が一緒になって何をやっているんだ!」とカミナリが落ち、姉は無言で姉旦那様を睨んでおられました。恐ろしかったです…。
責任を感じた実父は甥が走ってくると姉旦那の足に触れる前に抱きかかえる役に。義父は食事(水炊きとか)を作る役に従事。その間女性陣は背脂ラーメンを堪能するという数日を過ごしたそうです。

以上の経緯で我が家と姉義実家では笑い話になっておりますが、その事だけを書いた事で「痛風」自体を軽視した印象になってしまったため、反省の意味も込めて追記させて頂きました。

皆様も夜半の暴飲暴食には十分お気をつけ下さいm(_ _)m

681: なーなしさん! 2016/03/22(火) 19:34:13 ID:
>>673
義兄さん酷い痛風でなくて良かったですね
本当に酷かったらああいった書き方はされないかと思ってはいましたので大丈夫ですよ
またサイレントモーションネタを楽しみに待ってます(*・∀・*)ノ

というか、脱喪のはなしは?www