引用元:■ ■ ■ 今 日 の ダレソレ  ■ ■ ■
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20204/1424231772/
※当サイトの掲示板です


2016-3-16-5

当ブログ内の童話アレンジ嫁さんの記事は
こちら

473: なーなしさん! 2015/12/22(火) 17:33:07 ID:
昨日の嫁

少し前に、胎教と称して車の本を読んだり、
オリジナルアレンジ満載の桃太郎を語っていた嫁。

昨夜の夕食後も、お腹に向かって語り始めた。
「昔昔ある所に、おじいさんとおばあさんが住んでいました。
 はい、ここで選択肢!
 おじいさんとおばあさん、どっちのルート?」
いきなり聞かれて、思わずおじいさんと答えてしまった結果、

「おじいさんは竹取の翁という、竹取名人でした」
と、やはり若干のアレンジが効いたかぐや姫になった。
「翁は金色に輝く竹をぱっかーんと」
(三太郎のCMかよ)
「美しく成長し、なよ竹のかぐやと呼ばれるようになった娘。
 男達が毎日のように結婚してくれと押しかけます」
(うんうん)
「え~、アタシぃ~、結婚とかぁ、まだ考えれないしぃ~、まじうける~」
(なんだその口調)
「かぐやは結婚の条件として、不老不死の薬を持ってくる、
 幻の生物をつかまえてくる、
 天鱗百個を納品するなどの無理難題を……」
(今モ〇ハン混ざったぞ)
「……月からの使者を迎撃すべく、武士たちは弓を構えました。
 対空砲もない時代では弓しか対抗手段がなかったのです」
(さらりと現代兵器を登場させおって)
「月の牛車は突如トランスフォーム!
 鋼鉄の戦士と化した牛車は、武士たちをあっという間に倒し、かぐやを連れて帰りました」
「もう何がなんだかわけがわからないよ」
こんな胎教で大丈夫か。

ちなみに、先日買ってきた絵本は、
「可愛いから子供が生まれるまで大事にしておく!」
とのこと。
読んでやってください。