引用元: チラシの裏 4枚目
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20204/1444294088/
※当サイトの掲示板です


891: なーなしさん! 2016/03/05(土) 01:51:08 ID:
ひなまつりが知らないうちにとっくに終わってしまっていたのにさっき気づいて、それでもって思い出したこと。

実家にいた頃、ひなまつりが近くなるといつも父が「ひな人形出すぞ、手伝え」と休日で寝ている私をぶっきらぼうにたたき起こし、二人でひな人形を座敷に飾っていた。
で、作り終わるとデジカメを持ってきて、私をひな人形のそばに座らせて、本人はいつも通りムスッとした顔のままなくせに「おら、笑え、笑わんか!」といって写真を撮る父。

そして、3月3日がとっくに過ぎたあともなかなか片づけず、父が母に「ほんっと毎年毎年…!!あんたどんだけ娘の婚期を遅らせたいのよ!?(笑)」って文句言われるところまでが毎年のテンプレだった。

小学生くらいの頃、何の気なしに自分のみアルバムを開いたとき、0歳の私がひな人形のそばで母に抱かれて写ってるのを見つけたことがあるので、たぶん0歳の時から、そして私が就職で実家を出る20歳のときまで続いたんだと思う。
顔はいつもムスッとしていた父だけど、おかげさまで父からの愛情に不安を覚えたことは一度もない。(もちろん母もだけれど)

いま実家を遠く遠く離れ、一人暮らしをしていますが、母が危惧したとおり私は絶賛働く喪女人生を謳歌しまくってます(笑)
父元気かなぁ。最近風邪を引きやすくなったと母が言ってたし、昼にでも電話してみようかな。