引用元:何を書いても構いませんのでpart4@ほのぼの絵にっき
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20204/1456028011/
※当サイトの掲示板です


676: なーなしさん! 2016/06/03(金) 09:14:33 ID:
リアル浜ちゃんの話
彼は超がつくほどの釣りバカで、子供の頃から暇さえあれば釣りをしているような人。

Fラン大学を卒業した彼は、IT系の派遣会社に入社し某大企業に派遣されることになった。
たまたま派遣先の上司も釣りバカで、毎日昼時には釣りの話で盛り上がり、
休日には一緒に釣りに行くようになった。

その上司を通じてその大企業の部長(釣りバカ)と知り合い
これまた一緒に釣りに行くようになったが、
部長は忙しくてなかなか釣りに行けないせいか、ぶっちゃけ下手だったため、
彼は良いポイントを譲ったり、仕掛けのコツを教えたりするようになった。

そうやって過ごすうちに、上司と部長を通じて社内に知り合い(釣りバカ)が増えた。
そして派遣終了期限が近づいたある日、部長から子会社の社員にならないかと誘われて転職した。

転職した後も、釣り仲間と化した元上司と部長らとの付き合いは続き、
親会社に顔が利くという理由で、打合せや交渉に連れ回されるようになり
それなりに成果を出したため、わりと早いスピードで昇進した。

そして先日、ついに親会社に引き抜かれて、元上司の下で働くようになり
Fラン卒ではとても入れないような大企業でわりといい待遇を受けている。
毎日昼時には釣りの話でキャッキャウフフして楽しいそうだ。

趣味を続けるって大事だなぁと思った話でした。