引用元:何を書いても構いませんのでpart5@ほのぼの絵にっき
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20204/1466618857/
※当サイトの掲示板です


2016-10-17-3
81: なーなしさん! 2016/06/30(木) 20:13:00 ID:
弁当の寂しさで思い出した。
高校の時の自分♂のお弁当は、自分で作ってた。
大きな弁当箱にメシをぎゅうぎゅう、メシには塩昆布をサンド。
その上に「玉子焼き」か「焼塩鯖半身」か「甘塩たらこ」をデーンと。
母親は「もっと彩りよく‥‥」と言っていたが、数より質と思っていたので3年間貫いた。

今でも自分のメシは、白米にお気に入りのおかずが1品あれば満足。
だが家族のために2品以上+野菜+汁を作り続けている。
ところがなぜか娘が、自分式弁当をお気に入り。
女の子なんだから、もっとこう彩りの良いかわいいお弁当を、とか思わなくもない(苦笑)。

82: なーなしさん! 2016/06/30(木) 20:48:43 ID:
うちは母親が病気でおさんどんは小学校三年くらいから私がやってた。
なぜが、姉と父のお弁当を作り、お弁当の残りを1つのプレートに乗せて母の昼食として置いて学校に行ってた。(自分は給食)
姉の運動会や遠足も私が弁当作ってた。
姉と学校がちがう(姉は私立の小学校で私は公立の小学校)ので、自分のイベント時は面倒でパン買って食べてた。

だから、お母さんの手作り弁当にものすごい憧れと執着がある。
つっうか、お母さんの手料理に憧れる。
っつうか、優しい元気なお母さんに幻想を抱いてしまう。

なんか思い返すと、わたし悲惨な子供時代だなw