引用元:あなたの心がなごむとき~もーじょこさん!出張所
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20204/1394444817/
※当サイトの掲示板です


2016-10-30-3

710: なーなしさん! 2016/08/16(火) 00:14:18 ID:
長距離列車ホームでは、今も昔も変わらず小さなドラマが起きるようだ。

お盆に帰省してきたんだが、その帰りの出来事。
新幹線利用なんだけど、地元始発なので自由席でも一本見逃せば座って東京まで行ける。
帰省時はそうやって自由席で座って帰る様にしていた。
始発駅かつ田舎な為か出発まで結構長めにドアを開けたままにしているんだが、
新幹線の乗客と見送りの人がドア付近で別れを惜しんでいる風景を良く見かける。

ドア付近の座席を確保し出発を待っていると、通路を挟んだ反対側に親子連れが乗ってきた。
ホームにはその見送りの親子連れ。
最初のうちはお互いの子供達が新幹線に乗り込んだりホームに下りたりしていたが、
出発時間が近づくにつれホームと車内に分かれた。
気が付けばキャッキャしていたはずの子供達の声が聞こえなくなっていた。
ホーム側を見ると小学生位の女の子の目が潤んで赤くなってる。
新幹線の出発音が鳴り響くと、手の甲で涙を拭うほどぽろぽろと泣いていた。
ドアが閉まり、列車が動き始め、見送りの姿が見えなくなると座席に親子連れが戻ってきた。
女の子と同じ位の男の子が号泣しながら。
そのまま泣き声は10分近く続き、自然に泣き止んだ。
話し声も聞こえなかったから落ち込んでるのかと思っていたら、どうやら泣きつかれて眠っていたらしい。
関東圏にそろそろ入ろうと言う頃にガバッと起きて(なぜかその瞬間目が合った)
一言「夢?!」
そう来たかww
夢と思っちゃうくらい楽しくて別れが辛い夏休みだったか。
いい思い出が出来て良かったねぇ。
子供の頃のいい思い出は代えがたい財産だ。
来年もまた思い出を作りにおいで。
みんなきっと待ってるよ。