引用元:こ ん な 夢 を 見 た
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20204/1418982980/
※当サイトの掲示板です


310: なーなしさん! 2016/06/27(月) 07:52:01 ID:
私は落ちていた。
現代の現実世界から、なんかワンダーランドのようなトゥモローランドのようなところに向かって。
恐怖はない。使命をもっていたから。
現実世界から迷いこんだある女の子を救出して元の世界に連れ戻すこと。

ワンダーランド?の人々は和服と洋装が入り交じった明治頃のドラマみたいな感じの雰囲気だった。

目当ての女の子はどういう事情か女○屋に居て、しかもかなりの売れっ子のようだった。
女○屋から連れ出すのは至難の業だった。
よく覚えてないけど、ミスタースポックが一役買ってくれた気がする。

連れ出した女の子の手を握り街中を走る。
現代の服を着た私と、膝の上まで着物をたくしあげた女の子が疾走する様子は目立ったようで、すれ違う人の視線が痛かった。

後ろから軍服を着た男の人が大勢追いかけてきた。
その人達の女の子を取り戻そうとする必死さを見て、こいつら全員さてはこの女の子の客だ、と思った。
なんとか逃げおおせたものの、逃げまわっているうちに、私を狙った軍服の罠に女の子がかかり、女の子が大きなやけどを負ってしまう。

女の子が寝静まったあと、私は密かに涙した。
無事に連れ帰らなければいけないのに・・・メソメソ。
そこに現れるミスタースポック。
「まさか君は本気で彼女を無傷のままに連れ戻せると思っていたのか。
彼女と君の命があり、しかも君は無傷だ。
彼女も傷は痛むだろうが、動けない傷ではない。上出来じゃないか。
君、自分を誇りたまえ。」
みたいに言われ、感動して抱きつこうとしたら、避けられて拒否された。
くそう、よけんな。そのハンドサインやめろ!
「長寿と繁栄を」じゃねーよ!


って感じの所で起きた。

2017-2-18-2