引用元:何を書いても構いませんので@生活板  2


702: 名無しさん@おーぷん 2015/01/14(水)14:45:31 ID:HWG
親父がまだ大学生でスーパーでアルバイトしていた頃、母と出会ったらしい。
が、その流れまでがかなりすごい。

親父は試食品の餃子を焼いていた時、スーパーにお使いで訪れた当時高校生の母を見て一目惚れ。
なんとしても話しかけたかった親父は、餃子を大量に焼いたり大声で呼び込みをしたりなどして、
母の気を引こうとしたのだが、母は一向にコチラを向こうとしなかったらしい。

親父は「このままではダメだ!」と感じたらしく、
母が一番近くに来た時に餃子を持って歩み寄り

「貴方の為にこの餃子を焼きました。どうか食べてください」と。
母は自分のこととは思えずかなり驚いていたそうだが、その時、妙に親父と運命を感じたらしい。

「また明日も試食していますので、また来てください」
親父曰く、とっさに出た口説き文句だったそうだ……ww

その後、何度も顔を合わせているうちに、正式にお付き合いすることになり
親父が大学卒業し、今の会社に勤めだして2年後に結婚。

毎週一度は我が家に餃子が並ぶ理由が判明したのと同時に、
この親父を前にしたら俺の告白なんか霞んでみると感じました。

703: 名無しさん@おーぷん 2015/01/14(水)15:05:47 ID:naD
>>702
子供が生まれたら自分たちのなそれめ聞かせてやりーよ
子供もお前と同じように「自分のは霞んで見える」と思うだろうよ