引用元:【チラシより】カレンダーの裏 18□【大きめ】


2017-10-25-3
20: 名無しさん@おーぷん 2017/10/13(金)21:24:15 ID:0wP
父方の曽祖父との思い出が蘇った
曽祖父(大きいじいちゃんと呼んでた)はいつも自分の部屋にいた
祖父母と同居で、年に何回か遊びに行くと必ず大きいじいちゃんの部屋に遊びに行った
そして、いつも大きいじいちゃんが舐めている浅田の南天のど飴をせがんだ
子供心に美味しくはなかったから、大きいじいちゃんの見えないところでティッシュにくるんで捨てていた
だけど、何故か遊びに行く度にせがんでいた
曽孫は何人もいて、私が遊びに行ったところで新鮮味も無かったと思う
多分、子供の頃から承認欲求が強かったのかな
ふと思い出したのでカキコ

21: 名無しさん@おーぷん 2017/10/14(土)18:23:59 ID:Y8l
>>20
大きいじいちゃんも嬉しかったと思うよ