引用元:日本びいきの外人を見るとなんか和むスレ part004
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1463366333/


関連記事:
婆ちゃん( ´ ▽ ` )ノ「オー、ジャパン! コンニチーハ!」 オレ(*゚▽゚)ノ「のーのー、【こんばんは】!」

911: 67 2017/11/05(日)02:16:24 ID:5Pk
台湾はいいねぇ。ご飯は美味いし、人は穏やかだし。2つほどプチ和みがあったので投下。

台北の西門町にガチョウ肉料理で有名な店がある。そこにランチに行って、相席になったお爺さん。ビーフンの汁麺(60元)と茹でガチョウ肉(300元)を注文していると、
(´∀`*)「これね、ガチョウ肉を茹でたやつ。100元だよ。」と流暢な日本語。自分が注文した肉と比べて確かにお爺さんの皿の方が小さい。その後、ビーフン汁麺も注文したお爺さんに、
(・∀・)「小さいサイズを注文されたんですね」
(´∀`*)「うんそう。このお店、出来た時から来てるんだ。自分が14歳…中学二年生の頃からだよ。その頃はビーフンは15元、お肉は45元くらいだったかなぁ。」
(・∀・)「へー、その頃と味は同じですか?」
(´∀`*)「うん、一緒だね。いつも美味しいよ」
その後、お爺さんは肉とビーフンを平らげ先に店を出て行った。後から調べたらこのお店は1950年創業。その時14歳ならお爺さんは現在80歳を超える筈。お昼からお肉をもりもり食べる足腰も達者なお爺さんに和んだよ。

912: 67 2017/11/05(日)02:17:24 ID:5Pk
もうひとつ、タクシーで行天宮というお寺にお参りに行った時のこと。到着して支払いの時、自分が日本人だと分かると、年配の運転手さんは運転席からコインを取り出し、
(*´ω`*)「これ、日本の本物の500円。」
(・∀・)「あ、500円玉!」
(*´ω`*)「同じね。130元」
メーターを指差す運転手さん。130元の表示。130元は今のレートで約490円。メーターの金額と500円玉の価値が同じくらいということ。年季が入った500円玉の0の所を指して、
(・∀・)「この0の所、傾けると500の文字が見えるんですよ」
(*´ω`*)「へー、知らなかった!すごいねー」
などと少し盛り上がり…。帰国後、余った小銭を整理していると、真新しい50元硬貨。その裏面の真ん中の丸いスペース。傾けると50と五十、2パターンの文字が見える!
500円玉の0よりは広いスペースだけど、同じような技術が使われていて、ちょっと親近感。知ってればあの運転手さんともっと盛り上がれたのになあ。
以上、日台の硬貨に和んだお話。