引用元:笑える修羅場、衝撃体験【お茶請けに】3
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1471866304/l50


2018-4-17-2
922: 名無しさん@おーぷん 2018/04/17(火)02:16:02 ID:DK7
猫つながりで
去年の初夏の頃、商店街入り口近くの居酒屋前に猫がフラッと現れて居着きはじめた。経緯は知らないが既に妊娠していたらしく、しばらくしたらその居酒屋には「子猫譲ります」の張り紙が。
母猫は残念ながら死んでしまったんだとか…

ちょうど私は、19歳という大往生した猫を亡くして1年が経とうとしていたので、里親になることを決意して子猫たちを見せてもらった。

まだ片手に乗るくらいの小さな子猫が5匹。白黒柄4匹の中に、1匹だけ見覚えある柄が…
なんと1年前に亡くした先代猫と全く同じ柄と色の、同じオス猫。
先代猫はミルクティーのような淡い茶白トラ。なかなか出会える色ではないと思っていたのに、その子猫も同じミルクティーのような茶白トラちゃん。
とにかく見た瞬間ビビ!!!っと来てお迎えした。

先代猫と違うところは、先代がボブテイルだったのに対してスラッと見事な太長尻尾という所だけ。
生まれ変わり…とか言って先代猫の代わりにするつもりはないけれど、たまに本当にそうなんじゃないかと思う仕草や習慣を見つけては、ドキリとする幸せな毎日を送っている。