引用元:笑える修羅場、衝撃体験【お茶請けに】4
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1527061949/


2018-6-12-1
11: 名無しさん@おーぷん 2018/06/10(日)01:56:12 ID:08p
それぞれ、家庭の味ってあるやん。
お袋の味とか、我が家の料理とか、そんなんやつ。

実家の「お袋の料理」ってのが、きゅうりの味噌汁だったんだ。
きゅうりを輪切りにして味噌汁に、そんなシンプルな味噌汁だったんだが、初めて社会人になって働いた職場で

主任「味噌汁っていったらやっぱ豆腐にワカメだよなぁ」
俺「そうですね。でも私はきゅうりの味噌汁ですね。あれも美味しいですよねぇ」

とノホホンと返事したら唖然とした顔で見られて、ん?って不思議に思ったんだが、その後の主任の「いやいや、きゅうりを味噌汁にはせんだろ!」と言われて当時の俺は
「いや、きゅうりの味噌汁だったはず、あれ、まって、あれはホントにきゅうりだった?」
と混乱してその後5年くらいうんうん唸ってた。
いや、すぐに親に聞けばええやんって話なんだけど、なんか聞きづらくて。

結局実家に帰ってやっぱりきゅうりの味噌汁が出てきたから間違ってなかったとホッとしたんだけど、そんなにきゅうりの味噌汁ってメジャーなもんじゃないのかと内心修羅場だった。

今では俺が作って出す番になって、嫁にきゅうりの味噌汁に驚かれるのをニコニコ見てる立場。
初めて作った時の驚き顔は見てて楽しかったなぁ。