引用元:何を書いても構いませんのでpart8@ほのぼの絵にっき
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20204/1512018757/
※当サイトの掲示板です


2018-9-4-1
664: なーなしさん! 2018/06/13(水) 14:09:25 ID:
この間社会人のスポーツサークルで地域で開催される大会に参加しようってなった。
だけどもマイナースポーツで一般での参加する人が少なすぎて、
アラサーなのに現役高校生と同じグループで戦わされたんだよね。
「えー!こんなおばちゃんの相手を、現役高校生たちにしてもらうの申し訳ない!」
「こんな若い子たちを相手に勝てるわけない!!」
とすごく緊張したんだけど、一点取れるとイケるかもって思っちゃって、
邪念が出て余計に緊張して下手くそになる。
当然ながらボロ負けしたんだけど、最後の方になると自棄になって、
負け上等!って気持ちになったせいか、
あれよあれよと、現役相手にファイナルゲーム。
すごい競ってた。
我ながら良い試合だーって思ったら、今度は感動して涙が出てきたの。
なんだか学生時代の頃を思い出して、一つのことに一生懸命になって、
一喜一憂して、チームメイトと励まし合うの。
忘れてた青春が、バーっと血として体中巡る感じ?
すごく気持ち良かった。
マイナースポーツだったから、社会人でやっている人って本当に少なくて、
サークル仲間もその競技を極めた運動馬鹿って感じの人達ばっかりで、本当に上手な人ばかり。
そんな中に一人初中級の私。
気まずくて何度も止めようと思って、学生時代から使ってる道具がボロボロになってるから良い機会だから
もう辞めようって思っていたんだけど、
サークルの人に「試合してどうだった?少しでも勝てないからつらい、面白くないって思った?
少しでも楽しいって思ったら、上手下手関係なしに、この競技が好きなんだから辞めない方が良いよ」
と言われて思いとどまった。
今度ボーナスで新しい道具を買おうかなって思う。
この歳で、下手くそでも上手くなりたいとしがみつけるものに出会えたことが本当に嬉しい。

2018-9-4-5