引用元:あなたの心がなごむとき~もーじょこさん!出張所
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20204/1394444817/
※この記事は当サイトに直接投稿された物です。


2018-11-26-2
868: なーなしさん! 2018/09/03(月) 02:24:31 ID:
うちの奥さんが可愛い……orz

うちの奥さんは中学から大学まで海外で過ごして、就職を機に日本に帰ってきた。
俺は高校2の時に半年の交換留学で留学先にいた奥さんと出会った。
その時は「同じ日本時の生徒がいるから」と紹介されただけで、構内案内だけでそこまで接点は無かった。
それから6年経ってFaceb○okの「知人ではありませんか?」で奥さんが紹介され、誰だっけな?程度でスルーしたが、後に思い出し連絡を取ってメッセンジャーでやり取りをする様になってお付き合い→結婚で今に至る。

その奥さんは日本語が敬語と尊敬語と古語が普段の交互によく混じる。

帰宅 :「帰って参りました」
料理を作る :「いかがでしょうか?」
俺の料理を食べる :「とても美味です」
お風呂が沸く : 「湯殿の準備が出来たようです」
俺が食器を洗う : 「かたじけない」
頼み事をする :「御意」

普段の会話に自然と組み込まれていて、今では違和感がない。
だけど奥さんが作る書類は完璧な日本語で、口語と書類では何故こうも差が出るのかと不思議に思うけど、俺の前では気が抜けていると考えると嬉しいから指摘はしてない。