引用元:【同人】あなたの心がなごむとき~第49章
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1229784156/
※本スレに書き込む場合は板と>>1を確認して、ルールを守って書き込むようお願い致します。
「まとめから来ました」は不快に思う人が多数います。書かないようお願い致します。


2018-12-29-2

339: なごみ 2009/01/12(月) 21:30:52 ID:mmbQBfn90
和むというか笑っちゃった話。
ウチの店の新春宝くじの賞品はゲーム機。今日はその当選発表の電話をする日だった。
発表の時間は決められていて、本人不在の場合は次点繰上げという規則。
私「(店名)でございます!応募者のヤマダメグミ(仮名)様はいらっしゃいますか?」
出たのは高校生くらいの男の子、たぶん弟君。
弟君「姉は海外旅行に行ってていません…てうわ、まさかゲーム機当たった!?
ねーちゃん当たったのかよー俺らはずれかくそー。あ、やべーねーちゃんいねえ!」 

私「あ、いえあのお客さ
(何か向こうでどたばた)
弟君「ねーちゃんいないとどうしてもダメっすか!?ねえダメ?」
私「ご本人様ご不在の場合は次点の方ですが、でもですね
弟君「えーくそー」(何か向こうでまたどたばた)
弟君「(裏声)メグミでえーす!生年月日は●年×月△日!住所は××市(以下略)
…ってことでカンベンしてください!お願い!おねーさん!」
私「あのお客様、私の話聞いていただけます?確かにご本人様確認できない場合は
次点の方ですが、次点の方はヤマダタロウ(仮名)様なんですが…」
弟君「…………俺?」
私「はい」
弟君「早く言ってよーーーー!あ、俺が言わせなかったのか。おねーさんゴメン!」
(本人確認の後)
私「ではヤマダタロウ様にお送りいたします。おめでとうございます。ご応募ありがとうございました!」
電話切る寸前に弟君とお父さん?もう1人の弟君?の三人くらいの歓喜の咆哮が聞こえました。

341: なごみ 2009/01/12(月) 21:49:35 ID:HhWS4BgO0
>>339
すばらしい弟

343: なご 2009/01/13(火) 07:29:04 ID:7RDD7JQc0
素晴らしいなあ