引用元:何を書いても構いませんのでpart9@ほのぼの絵にっき
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20204/1534319924/
※当サイトの掲示板です


関連記事:1rd/・2rd3rd

728: 1/6 2019/01/08(火) 12:23:00 ID:
ガ チ キ ャ ン (凍)
2019/12/31 八方屋根に来ました。ここを登り唐松岳頂上山荘でテントを張って年越しをします。
no title



爽快ですのう
no title


6時間10分ほどで唐松岳頂上山荘に到着。なお営業期間外なのでここで超耐寒ガチキャン開催
no title

729: 2/6 2019/01/08(火) 12:24:24 ID:
温度を甘く見ていたためにしまったことに靴を凍らせてしまいました。
これを履いて行動すると凍傷まっしぐら。ナルゲンボトルにお湯を入れて靴を温めます。
気温-20℃位になると靴を履いたまま寝袋に入らなければならないのですね。
no title


夜明け間近になっても吹雪がやまないので撤収作業していたら
いきなり雲が開けて初日の出こんにちわ。
no title


遠くにかの剱岳も見えます。
no title

730: 3/6 2019/01/08(火) 12:25:18 ID:
唐松岳頂上山荘から唐松岳山頂までは30分もあればいけますが、
天気に関してすごい嫌な予感がしたのと、
足の指が軽い凍傷にかかってしまったので登らずに下山します。
で、その予感どおりに白馬鑓方面に雲がかかってきています。
no title


結局日の出から40分位の間の晴天でしたね。
視界がいい状態で通り過ぎたいところがあったので助かりました。
no title


無事下山 スキーヤーが乗ることはない下りにぼっちリフト。ま、まあ楽だしね。
no title

731: 4/6 2019/01/08(火) 12:25:53 ID:
2019/1/2 八ヶ岳に移動してダブルヘッダー開始。
茅野駅から渋の湯まで路線バスで移動
no title


黒百合ヒュッテのテント場に到着してテント設営。風がないってステキ
no title


ここのテント場には水場がないので雪を溶かして水を作り、それで炊事をします。
no title

732: 5/6 2019/01/08(火) 12:26:41 ID:
こぼれてしまった水、テント内に入ってきた雪は溶けてもすぐ凍るので
手箒で掃き出せます。
no title


2019/1/3 天狗岳に向かって出発 あまり厳しいコースではないです。なお視界
no title


西天狗岳到着 って来た意味あるんですかね。

733: 6/6 2019/01/08(火) 12:27:30 ID:
テント場に戻って撤収作業して下山開始。
途中のみどり湖の辺りにあるしらびそ小屋で休憩
no title


リスさんこんにちわ
no title


1/3は稲子湯旅館に宿泊。足の伸ばせるお風呂がありがたい。
悪くなりがちなテントの食事の後だとここの食事はしみるように美味しい。
3杯飯あたぼうです。なおリバウンド3kg。
翌1/4に小海線の松原湖駅まで送迎してもらって今回の山行は終了です
no title

737: なーなしさん! 2019/01/09(水) 17:22:54 ID:
>>733
9月のが記事になってたけど、同じ人かな?

写真開くのが億劫なんで、もーこさんがまとめてくれるのを楽しみに待ってよう

744: 733 2019/01/10(木) 18:02:09 ID:
>>737
はぁい 同じです。あのときと10月に再度登って八方屋根の調査を行い
行けると思ったんで年越し登山の場所にしたんですが、
寒さの想定が甘かった。
画像の連続はもーこさんの負担がひどそうといまさら思います。
ので運が良ければまとめられるくらいに祈るくらいしか出来んです。





>>733さん
ツールを使ってまとめておりますので負担は全然ありません。
いつも画像あげてくださり、ありがとうございます!