引用元:親にされて嬉しかったことを語る
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/baby/1338562816/
※本スレに書き込む場合は板と>>1を確認して、ルールを守って書き込むようお願い致します。
「まとめから来ました」は不快に思う人が多数います。書かないようお願い致します。


2019-6-4-1
277: 名無しの心子知らず 2012/11/12(月) 23:50:25.19 ID:ncCNmNJ9
母の持っている古い持ち物の話を聞かせてもらうのが好きだった。

この帯はおばあさんの丸帯だったけれど、娘二人のために二枚に切って袋帯に仕立てたんだよ。
だから○子おばさんのところにも同じ帯があるんだよ、とか
この指輪とペンダントはひいおばあさんの珊瑚玉のかんざしを二つに割って作ったものなんだよ、とか。
こっちの指輪はお母さんが二十歳になった記念のものなんだよ、とか。

お母さんもおばあさんにこうやって話を聞かせてもらったんだろうな、って想像していると
自分の系譜というか命がずっと続いているということを子供ながらにとても意識した。
大げさに言うと愛されてる実感だったのかも。

279: 名無しの心子知らず 2012/11/28(水) 11:52:35.01 ID:5WwXMsRA
>>277
うちの子がそうだ。
私の小さいころの思い出話を聞きたがるし、うれしそうに聞いてる。
母親は洋裁が得意で、よく服を作ってくれてた
だから今残ってるものはほとんどないんだけど
「紫の布でスカート作ってもらったのがお気に入りでー」とか
「ばあちゃんはミシンが得意でね」とか話してる。
なんでそんな話が好きなんだろうって思ってたけど
あなたの書き込みを見てなんとなくわかった気がするわ