引用元:あなたの心がなごむとき~もーじょこさん!出張所
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20204/1394444817/
※当サイトの掲示板です


2019-7-12-2

897: なーなしさん! 2019/03/24(日) 23:11:07 ID:
近所の幼子親子が遊びに来る日は、お昼がサンドイッチでおやつが「みみあげ」(からの我が家の夕飯は揚げ物)。
今の若いママはパンのみみを落とした後揚げて砂糖をまぶす、というのを知らなかったり家で作ったことがないみたいで、みんな喜んで食べてくれる。
幼子といっても幼稚園以上なのでサンドイッチはパン一本使うので、みみあげも作りがいがあるのです。
それで今日揚げてる最中に、上白糖がないことに気づいたんです。うちの佐藤は三温糖なので、お菓子作るときしか使わない上白糖のストックに気づかなかった…。


どうしよう~三温糖でいいかなぁ?と考えてたら、ママ友からライン通話が来て、つい、「お砂糖がない!」と言ったら「今から持ってく!白いのでいい?」と。
歩いても1分かからない彼女のおかげで、みみあげは無事完成。彼女にもお裾分けできました。

そういえば、10年ほど前に夕飯の支度をしていたら彼女から学校のことで連絡があって、その最中にパン粉が切れてしまったことがありました。その時も「あ、パン粉切れた」「うちあるよ、使う?」って会話になって、子供にパン粉をもらいに走ってもらったんでした。
子供が「パン粉もらいに来ました」って言ったら、よもやパン粉を貸し借りする主婦が平成にいるとは思わない旦那さんが「判子?」ってシャチハタを持ってきてくれたそう。
その後、彼女の家で遊んでたら醤油がない!ということがあって、お返しにうちの醤油をお届けしたし、平成も終わりだというのに、相変わらず昭和な付き合いね~と友達と笑いあいました。

898: なーなしさん! 2019/04/02(火) 21:38:56 ID:
>>897
突然の「うちの佐藤」が王道にして笑いのツボストラクだったわ笑
みみあげ、最近はラスクの方が聞くかも。
醤油やパン粉をダッシュで貰いに行けるご近所さんって素敵ね。