引用元:チラシの裏 10枚目
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20204/1550319699/
※当サイトの掲示板です


2019-8-19-1
362: 1/2 2019/05/01(水) 17:21:06 ID:
改元に便乗して昔を語ってる昭和生まれをあちこちで見て
ふっと思い出したので書き逃げる。
ストレスで体を壊したので契約社員でせこく食い扶持を稼いでいるが、
始業状況がストレスフルなので何とかならないか…と頭をひねった末、
早起きのじいちゃん同僚と組んでかけあい、シフトを一時間はやめてもらった。
早く来て現場のカオスを解消し、皆が来たらスムーズに作業開始、
二人で一時間早く帰ってラッシュも回避という割といい手だったと思う。
それを身内に報告したら、頭柔らかいねーと言われたのだが
これ多分、父方のじいちゃんからの遺伝だと思う。

363: 2/2 2019/05/01(水) 17:21:46 ID:

じいちゃんは戦前世代としては破格に柔軟な人だった。
戦時中、大砲を曳く馬の世話をする隊にいたのだが、
朝は起床ラッパが鳴ったら全員、身支度を整え馬を引いて整列する。
ラッパ前に起きてはならない。そこでじいちゃん考えた。
ラッパが鳴ったらまず、身支度せず寝間着のまま厩へ突っ走り、
誰もいないガラガラの厩で悠々と馬を引きだす。
で、身支度整えて出てきた仲間に馬を引きわたし、
自分は宿舎へ戻って空いた場所で悠々と身支度、仲間と合流。
じいちゃんの分隊は、常に一番乗りだったそうだ。
上官にバレたらタダでは済まなかったような気もするが、
この発想の転換は確実に遺伝だなと思って嬉しかった昭和世代の思い出。

364: 2/2 2019/05/01(水) 17:23:32 ID:
じいちゃん同僚は父方のじいちゃんとは別人でござる。
言うまでもないけど念の為。