引用元:チラシの裏 10枚目
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20204/1550319699/
※当サイトの掲示板です


2019-8-20-2
366: なーなしさん! 2019/05/02(木) 00:24:36 ID:
先日、父の13回忌をした。
読経が終わって、住職のお話が。
「水の形ってわかりますか?」
水は、入れ物によって自由に形を変える云々~という話をされている間、私は
水の形は自由→入れ物から流れ出す水→猫は流体
と、頭の中でベッドから流れ出す猫とかテーブルから垂れ落ちている猫の画像を
思い出しては笑いそうになる口元を引き締めるので必死だった。

因みに母は、肌寒くて少し前につけたファンヒーターの所為で
みるみる開いていく目の前のチューリップをガン見していて
殆ど聞いてなかったそうだ。

367: なーなしさん! 2019/05/02(木) 11:24:53 ID:
>>366
「ぼうさんの 説教もありがたやのかなはるの午後」
とかいう言葉を聞いたことがあるわ。
横槍だけど、水は仏教では「教え(法)」のことを言うのよ。
どんな形にも変える、というのは、こちらが無理やり法のいうとおりにしなくても、法はこちらの形に合わせて寄り添ってくれる、と言うことで、ぼうさんの話を聞いてても聞いてなくても、その身は法に浸されている、必要な時に支えてくださる、という意味合いもあるそう。
それと、水は流れるから水で、法は「さんずい(水)に去る」と書くことから、法は気づかないうちに流れ去ってしまうから、仏法を聞くならお急ぎなさい、と言う意味合いもあるそう。

因みにぼうさんの話を聞いて連想した事、というのは、ご自分にとって法、真理なんだそうよ。