引用元:スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part121
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1578356155/
※本スレに書き込む場合は板と>>1を確認して、ルールを守って書き込むようお願い致します。
「まとめから来ました」は不快に思う人が多数います。書かないようお願い致します。


2020-3-16-4
848: 名無しさん@おーぷん 20/02/08(土)18:43:13 ID:gT.a2.L1
趣味仲間(手芸)で同じような事を言ってる人いたよ、背の高いがっちりダンディなおじ様
趣味柄、高齢の方も多いからか結構ぶっちゃけた話や悩みもある中で話してくれたのだけど
十代から綺麗なものや可愛いものが好きで、女性の存在に憧れてて、そうなりたかったなと話してた
女性のその弱さも羨ましかったと
その人が若かった当時はまだ男らしさ、女らしさが固定されてた時代だったのと
その人は体格も良くて、運動にも才能を発揮したこともあって厳格な父親が柔道やらせたら頭角を現してしまった
柔道すること自体は好きだったからその点はマシだったらしいが、可愛いものとは益々縁遠くなったらしい
せめて家の花壇の手入れをしたくて(花好き)、言い訳しやすいようにトレーニングと称してずっと外出て花の手入れしてたら日焼けして
益々見た目がいかつくなってあの時は参ったな、男は馬鹿だよねと笑ってた

本人曰く好意を持つのは女性(奥様もいらっしゃる)だから、所謂LGBTとも違うような気がしたし
そうなってくると自分は頭おかしいのか昔は悩んだなーと遠い目しながら話してた
今も趣味仲間だけど自作のピンクの花柄のセーター着て手芸に励んでるのを見て
ここで色々見て、彼が色々なことに対して折り合いを付けて生きてきたことを改めて感じたわ