引用元:何を書いても構いませんので@生活板87
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1586249959/
※本スレに書き込む場合は板と>>1を確認して、ルールを守って書き込むようお願い致します。
「まとめから来ました」など、まとめの話は不快に思う人が多数います。書かないようお願い致します。


863: 名無しさん@おーぷん 20/04/22(水)20:01:09 ID:o4.mh.L1
ずっと前の話だが、古本屋で本を見ていたら、絵に懐かしさを感じる漫画を発見した。
都築和彦著プラネット・ブルート2巻だった。
即購入して帰って読んだが、前にどこかで読んだような記憶は出てこない。
そもそも著者も題名も話も心当たりはない。人物は見た事があるような・・・?
何故懐かしさを感じたのだろうか。
いとこの家かどこかで見かけたのだろうか。


そこで分かったが、都築和彦氏はひざの上の同居人というゲームソフトのイラストを担当した(プラネット・ブルートの方が先だが)人らしい。
このゲームが発売した当時チラシを見かけて、可愛いとか思ってチラシだけ貰って取っておいていた事を思い出した。

なので流れて言うとこうなる。
プラネット・ブルート発売 → ひざの上の同居人発売 & チラシを貰う → プラネット・ブルート購入 → ひざの上の同居人を思い出す

で、結局この作品と私に何の縁があるのか分からなかった。
多分既視感みたいなもので何もないんだろう。
まあたまにはこういう買い方も良いと思った。

865: 名無しさん@おーぷん 20/04/22(水)20:40:59 ID:Dq.ad.L13
>>863
自分はザナドゥと日本ファルコム思い出したw