引用元:★チラシの裏@オカルト板1枚目★
https://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1393952981/
※本スレに書き込む場合は板と>>1を確認して、ルールを守って書き込むようお願い致します。
「まとめから来ました」など、まとめの話は不快に思う人が多数います。書かないようお願い致します。


626: 名無しさん@おーぷん 20/07/18(土)23:06:20 ID:kVl
30年程前、小5の時、夏休みに母と妹と、母の実家に泊まりで遊びに行った。7月26日から8月11日迄の予定。父は休みが8月9日からだったので
8月9日に車で合流する約束だった。
行きはディーゼル汽車で予約席を取り、いつも買う駅弁を母と3人で食べ、流れゆく車窓の景色を見て、久し振りに会う従妹達との事や裏山、近所の
海の話で盛り上がり、汽車で約7時間の旅で、いつも途中で泊まる無人駅で飲み物を買ったりし、はしゃぎ疲れて眠りに落ちた。


夢の内容は覚えて無いが、気が付くと田舎の祖父母の家で、何時の間にか父も合流した後だった。私はまだ夜も明けきらない朝の景色を縁側で眺め
寝惚けた頭で何が起こったのかを考えていた。

さっきまで、汽車で祖母の家に向かう途上だったのに、気が付いたら8月10日の朝になっているのだから、意味が判らなかった。
皆が起きてきて、朝ご飯を食べ、裏山の御墓群を掃除し、御盆の準備を終え、昼ごはんの後に、夏休みの宿題に向かうと、絵日記以外・全て終わってた。
そして絵日記は、前日までが書いてあり、私が描いたのではない、綺麗な絵の具で朝顔や海が描かれ、毎日の感想も、とても私が書ける内容では無い
美しい文章が簡潔にまとめられていた。そして昨日の絵日記の文章の最後には「あぁ。とても楽しい日々であった。○○子も健やかで、皆健康で安心した」
と言う風に、今思えば古風な・年を経た老練なゥ作数まとめで終っていた。そして他の宿題も、鉛筆なのに達筆で、数字も綺麗に書かれ、本当に驚いた。

その日の晩、明日は帰るというのに、何も覚えていない私は、従妹たちと花火をしながら・何をしたのか聞いたら、海に行っても日傘からでず「どうぞ皆さん
遊んでらっしゃい」等と、普段では有り得ない古臭い・大人びた口調だったらしいので、皆は小学校の高学年で「ませた」と思っていたらしい。

つい先ほど、久々に従妹から今夏・コロナ惨禍でのお墓詣りについて相談の連絡があり、昔話をする中で出たのを、思い出しながら書いている。
あれ以降、同様の事は一度も起こって無いが、何があったのか。もう父も彼岸に旅立ち、独り暮らしの母に明日にでも電話して聞こうと思う。