引用元:何を書いても構いませんので@生活板95
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1600349589/
※本スレに書き込む場合は板と>>1を確認して、ルールを守って書き込むようお願い致します。
「まとめから来ました」など、まとめの話は不快に思う人が多数います。書かないようお願い致します。


226: 名無しさん@おーぷん 20/09/22(火)16:43:24 ID:0d.sv.L1
平成生まれなのに、向田邦子のエッセイみたいな家で育った。
浮気三昧の傍若無人な父は、家庭内の仕事は一切しない。
それどころか、母に非常に高い家事レベルを求めた。例えばご飯やおかずはアツアツでないといけなかったので、母は父が食べ終わるまでせわしなく台所で働いていた。
もちろん、重いものを持ったり、電球を変えたりという力仕事すら母や私の仕事(ちなみに母は専業というわけではなく、自営業の父と一緒に働いていた)。
私は毎日のように理不尽に怒鳴られてたし、誕生日プレゼントすら、父の気に入ったものでないと買ってもらえなかった。
父は稼ぎが良かったので、お金の苦労はしたことがなく感謝しているけれど、幸せだったかと聞かれると、即答は出来ない。


ただ、この家に生まれて唯一良かったな、と思えたことがある。それは夫に出会えたこと。
父がこんな風だから、男性に対して異常なほど警戒心を持っていたのだけれど、夫は出会ったときから心を許してしまうくらいとても優しい人だった。

結婚してから、夫が電球換えをしてくれたり、重いものを持ってくれたり、ゴミ出しをしてくれると私がワーキャー騒いで夫を褒めちぎる。手のかかる夕飯をサプライズて作ってくれたときなんかは大騒ぎだ。
すると夫はこんな顔(*´ω`*)になり、どんどん家事を手伝ってくれる。

最近では、いわゆる細かい家事も進んでやってくれるので、私が余計に「すごいすごい!」とワーキャー騒いで、夫はこんな顔(*゚∀゚)をよくしてる。
もうわたしより家事能力が高いかもしれない。

お金はないけれど、お互いの違いや個性を尊重しあえる、優しい夫が大好きで幸せだ。

227: 名無しさん@おーぷん 20/09/22(火)17:26:55 ID:3k.m0.L10
(*゚∀゚)本当に良いな~、どうかずっと仲良くて幸福に過ごして下さいね