引用元:あなたの心がなごむとき~第53章
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/2chbook/1254110231/
※本スレに書き込む場合は板と>>1を確認して、ルールを守って書き込むようお願い致します。
「まとめから来ました」は不快に思う人が多数います。書かないようお願い致します。


407: スペースNo.な-74 2009/10/13(火) 13:04:43
最近ばーちゃんが市民カルチャーみたいなので
色鉛筆で気軽に絵を描く、という講座を受けた。

1回限りの催しで、ばーちゃんは通う気はないらしいが
絵を描くのは楽しいと思ったらしい。
子供の頃は戦争中でそういうことができず、ばーちゃんは
ほとんど絵を描いたことがない。 


「(私)ちゃん、これ見て」
「んー?お向かいの猫?」
「わかった?猫に見える?」
「うん。あと、猫は耳をこのへんに、こういう風に描くともっと猫っぽくなるよ」
「おおー」

「(私)ちゃん、コスモスがうまく描けない」
「コスモスの花びらはこんなかな」
「わあ、コスモスだねえ。(私)ちゃんはうまいねえ」

どうしよう、ばーちゃんがいとしくてならない。

409: スペースNo.な-74 2009/10/13(火) 13:48:31
>>407
読んだだけで涙でてきた。
407が絵が描けるヲタでよかった。
もしかしたら絵を描くのが好きなのは
ばあちゃんの遺伝かもw

408: スペースNo.な-74 2009/10/13(火) 13:06:16
一年後、孫と一緒にコミケに出店するおばあちゃんの姿が!

410: スペースNo.な-74 2009/10/13(火) 13:55:51
407のばーちゃんの長寿を心の底から祈ってやる。
末永く二人でお絵かきするがいい。