引用元:何を書いても構いませんのでpart12@ほのぼの絵にっき
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20204/1591409643/
※当サイトの掲示板です


2021-2-12-4
770: なーなしさん! 2020/11/25(水) 16:19:22 ID:
先月今月と「みんなの歌」で流れてる『金魚のジョン』。
大きくなった金魚が水槽が狭くなって…という歌なんだけど、私にも覚えがある。

小5の時、近所の企業の夏祭りに幼なじみに誘われて行ったら、金魚やのおじさんが「おじさん今年はもう店じまいなんだ。この金魚もらってくれないか」と言われ、祭りの終了間近なのもあって、幼なじみと半分半分もらった。
帰って数えたら30匹以上いた。
バケツに入れて水槽の準備をしているうちに、半分くらい酸欠で亡くなった。
酸素を入れるポンプに巻き込まれて大半が亡くなり、最終的に3匹になったが、2匹は仲が悪く、喧嘩して共倒れた。
その時点で3匹は15センチほどに成長していた。
残った1匹をほとんど惰性で世話していたが、市の水道が半分井戸水なことや、私が真面目に水槽を洗わなかったのが幸いしたのか(藻が程よくついていた)、金魚は歳を経て、高校生の時に40センチほどになった。

『金魚のジョン』の中で「お父さん」が「これはもはや鯉だ」というけど、金魚の先祖は「鮒」である。
先祖返りしたように模様が消えた金魚に、親祖父母きょうだいは絶句していた。
私と父親は、どこまで成長するのか、これは見届けなければ!と盛り上がっていたのだが、ある夜習い事から帰ると、水槽が空だった。
母と祖母が「先祖返りした金魚(鮒)はいらない」「元が金魚なんだから食べられないし」と、市内を流れる有名一級河川に流してきたらしい。

因みに「食べられない」というのは、私の地方では「鮒味噌」という今や贅沢料理となった郷土料理があるから。私がそれを好きだったから。
でも自分が育てた金魚を食べる気などないわたしには、本気で意味わからなかったし、研究対象がいなくなったことに本当に落ち込んだ。

その数年後、市内のあるお店が飼ってる金魚が世界一大きいということでギネスに載った。
その時点で44センチ。飼育期間はうちの金魚より少なかった。
うちの金魚の方が絶対大きくなってたし、ギネスに載れたのに!と30年近くたった今も、子供達に話す。

生き物は責任持って飼わないとですよ。