引用元:何を書いても構いませんのでpart13@ほのぼの絵にっき
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20204/1611473117/
※当サイトの掲示板です


2021-4-7-2

23: なーなしさん! 2021/01/30(土) 03:57:17 ID:
ふと思い出した、うちの祖父の話。祖父は昔から冗談が好き。しれっと嘘をつくから、知らずに騙されることも多々あった。
ある日、祖父が私にお菓子か何かを作るために台所に立っていた。でんぷんがそばに置いてあって、興味を持った私は祖父に舐めてみていいか聞いてみた。が、祖父は絶対にダメという。ダメと言われるとやりたくなっちゃうお年頃だったので、こっそり指を突っ込んでぺろっと…「でんぷん舐めると、でんぷんショックを起こして死んじゃうよ」
それを言われた時には指はすでに口の中。へぇ~とか何とか言いながらコソコソとでんぷんを吐き出し、1週間くらい震えて過ごした。勿論何ともなかったんだけど、それは舐めたのが少量だったからだと思ってた私は、でんぷんショックの存在を中学生くらいまで信じてたとさ。嘘だと知った時には全身の力が抜けたよ。